本文へスキップ

食事に関する原則/食育アドバイザー

食育アドバイザー

マクロビオティック

食事に関する原則

■食品の品質基準

食養で使用される食材には、次の品質基準が必要である

農産物は栽培の過程で、肥料は有機肥料に限定し、除草、殺菌、殺虫等いかなる理由でも農薬を使用していないものとする。収穫後の保存についても同様とする。
加工食品は製造の過程で、有害な添加物や抽出剤、化学調味料等を使用していないものとする。ただし、天然にがり等の無害な天然添加物は許容される。製造は圧搾法等の古式製法等によるものとする。


■食品の選択基準

『身土不二の原則』
国内産を原則とし、例外的に輸入品を認める。
Post-Harvest(ポストハーベスト)の問題には十分な注意を必要とする。






食育メニュープランナー養成講座

きちんと学ぼう!カラダに合った献立の作り方

食育メニュープランナーとは、年代や体調に合った食育メニュー提案とともに、食生活を通じた食の大切さや楽しみを伝え、人々の健康や心豊かな社会作りに寄与していくことです。

食育講座 ヒューマンアカデミー通信講座

食育メニュープランナー養成講座
「食」に関する歴史から調理方法、さらにはフードビジネスに必要な知識を基礎から学べる資格。

リンク

 相互リンク募集中!!

LINK1
LINK2
LINK3
LINK4
LINK5
LINK6
LINK7
LINK8